ゴールド速報!

2chまとめブログです。面白ネタや経験談、芸能ニュースなどを毎日お届けします。



    (出典 dot.asahi.com)


    30代?あまりにも早い死ですね。謹んでご冥福をお祈りいたします。

    1 サイカイへのショートカット ★ :2018/05/22(火) 22:53:34.52 ID:CAP_USER9.net

    斉藤由貴 不倫騒動の“どん底を支えた人”の急死で号泣の夜
    5/22(火) 16:00配信 NEWS ポストセブン
    http://www.news-postseven.com/archives/20180522_678131.html
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180522-00000021-pseven-ent

    涙にくれた斉藤由貴

    (出典 img.news-postseven.com)


    「私が、迷惑をかけてしまって……」──5月14日、都内にある斎場で、女優・斉藤由貴(51)は関係者に支えられ、嗚咽を漏らしていた。

    髪を後ろで束ね、黒い礼服に身を包んでいるが、眼鏡の下の瞼は赤く腫れ上がり、化粧も涙で流れ落ちていた。この日は斉藤が所属する芸能事務所のマネージャー・A氏の告別式だった。

    「30代でありながら、長澤まさみらを輩出した“東宝シンデレラオーディション”の委員長を務めるなど業界では有名な敏腕マネージャーでした。
    前日まで元気に仕事をしていたのですが、現場に来ず、電話にも出なかったことを不審に思った事務所スタッフが自宅を訪れると、すでに亡くなった状態だったそうです」(芸能関係者)

    斉藤といえば、昨年8月に報じられた医師との5年にも及ぶ“ダブル不倫”が記憶に新しい。当初は釈明会見を開いてまで不倫関係を否定したが、写真週刊誌に斉藤の自宅とみられる場所で医師がパンツを被った姿が掲載されるや、一転して不倫を認める。その後、大河ドラマ『西郷どん』やCMの降板に追い込まれた。

    「この時に彼女を支えたのが担当マネージャーのAさんでした。クライアントへの謝罪行脚の傍ら、斉藤の家族と一緒になって、追い込まれていた本人のメンタルをケアしていました。
    騒動直後も一部の仕事は続けていましたが、食事も満足に喉を通らなかった斉藤がそれらをこなせたのも、Aさんが昼夜を問わず励まし続けたからでしょう。
    この4月からグループリーダーに昇格し、担当を外れましたが、公私にわたって連絡をとりあう仲でした」(同前)

    現在、斉藤は「スキャンダルを乗り越え、仕事のオファーが多数ある」(スポーツ紙芸能デスク)状況で、A氏の訃報に接してもすぐに駆けつけることができなかったという。

    「それでも通夜、告別式の前に弔問に訪れています。ご遺体に直面するや泣き崩れて、悲鳴に近い声で“ごめんなさい”と懺悔の言葉を口にしていました。“まさか”という心境だったようで、ただただ慟哭するばかりでした」(前出・芸能関係者)

    所属事務所は、A氏の逝去を認めた上で「コメントは控えさせていただきます」と回答した。スキャンダルを乗り越えて活躍することが、A氏への弔いとなるのだろう。

    ※週刊ポスト2018年6月1日号


    【【芸能】斉藤由貴、今まで、陰で支えてくれていた敏腕マネジャーの死に号泣!】の続きを読む



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    こうなったら、大門美知子の出番ですね。

    1 ひかり ★ :2018/05/23(水) 17:22:45.32 ID:CAP_USER9.net

     俳優の岸部一徳(71才)が、都内の大学病院の脳神経外科に緊急入院していたことがわかった。

     かつて森光子さん(享年92)や美空ひばりさん(享年52)、渥美清さん(享年68)など、多くの大物芸能人や政治家が闘病した都内の大学病院。セキュリティーの高さで知られ、森さんが亡くなった時も、
    密葬後に事務所から公式発表されるまで、病状が外部に漏れることはなかった。

    「病棟最上階のVIP病室は特に厳重です。入口に警備員が立ち、インターホンでお見舞いする患者の名前を伝えないと入れません。広々とした病室には応接間まであり、大きな窓からの眺望も抜群。
    多くの著名人から信頼されています」(病院関係者)

     5月16日、この病院の脳神経外科に岸部が緊急入院した。

     兵庫県神戸市の一角。5月中旬の平日、最高気温23℃で爽やかな陽気の中、撮影は進んでいた。水谷豊(65才)が監督する来年公開予定の新作映画(東映)だった。

    「タイトルやキャストは未発表ですが、嫉妬心をテーマに“人間の心の奥底”を描きだす作品です。水谷さんの熱望で出演するのが岸部さん。4月下旬にクランクインし、5月上旬に岸部さんも合流しました」(映画関係者)

     水谷が映画初監督を務めた昨年6月公開映画『TAP THE LAST SHOW』にも、プライベートでの親交の深い岸部は出演していた。

    「水谷さんとはドラマ『相棒』で8年間にわたって共演し、長いつきあい。60代を過ぎて新たなことに挑戦する水谷さんを岸部さんは共感して応援している。だから今回の出演も快諾しました」
    (前出・映画関係者)

     灰色の背広を着てたたずむ岸部はいつも通り“つかみ所がない”表情を浮かべ、撮影は順調に進んでいたかのようにみえた。しかし、岸部の体調に異変が起きていた。

    「現場では体調不良を悟られないように無理をしていたんでしょう。撮影を終えて激しい頭痛に襲われたようです。すぐに東京に戻り、かかりつけの大学病院を受診、入院することになりました。
    21日からは茨城県水戸市で撮影が再開する予定でした。降板はないと聞いていますが、心配です」(前出・映画関係者)

     最近は体調不安が囁かれていた岸部。

    「ほぼ毎年10月期に放送されてきた『ドクターX』シリーズの枠は、今年は米倉さん主演で別のドラマの放送が決まりました。高視聴率確実の『ドクターX』ではない作品になったのには
    いろいろな噂がありましたが、岸部さんの体調問題もあがっていたようです。“ここ最近かなりやせた気がする”といわれていました。糖尿病治療も続けているようで、体調が芳しくないようでした」(ドラマ関係者)

     岸部は日頃から「役者に代わりはいない。代役をたてるなら台本から変えないと」と言っていたという。

    「今回、水谷さんの映画だけでなく、秋放送予定のドラマの撮影スケジュールも変更されたそうです。一時はドラマの降板報道もあったほど。仕事への責任感が強い岸部さんだからこそ、
    これはただ事じゃないんじゃないかと心配で…」(芸能関係者)

    ◆7年以上前から妻とは別居

     岸部は現在(5月21日)も冒頭の大学病院の脳神経外科に入院中だ。

    「1週間以上経ちますが、退院日は決まっていないようです。娘さんや息子さんが顔を出しているようですが、仕事関係の人は遠慮しているようです」(岸部の知人)

    以下略全文 女性セブン
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180523-00000019-pseven-ent
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180523-00000019-pseven-ent&p=2


    【【芸能】先日、体調不良で仕事をキャンセルした岸部一徳!脳神経外科に緊急入院!】の続きを読む



    (出典 geitopi.com)


    どう言う決着を見るんですかね。

    1 ひかり ★ :2018/05/24(木) 09:30:34.60 ID:CAP_USER9.net

     女優・松居一代(60)が24日、昨年12月に離婚した俳優・船越英一郎(57)に名誉毀損(きそん)で刑事告訴されたことを受け、
    警視庁北沢署に出頭した。

     前夜にブログなどで午前9時に北沢署に出頭することを明かしていた松居は、8時55分に自転車で到着。報道陣に「おはようございまーす」と
    笑顔であいさつした。その様子を撮影していたユーチューバーと見られる男性から「ユーチューバーです。頑張ってください」と声をかけられると、
    「ありがとう」と応じた。

     駐輪場に自転車を停めた後は報道陣の問い掛けに答えることなく、北沢署に中に入っていった。

    スポニチ
    https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/05/24/kiji/20180524s00041000093000c.html

    (出典 www.sponichi.co.jp)


    【【芸能】松居一代、元夫・船越英一郎に、名誉棄損で訴えられ、北沢署に出頭!】の続きを読む

    このページのトップヘ