(出典 tomofood.com)


感染したネズミと男性が接触?感染経路の特定が急がれますね。

1 香味焙煎 ★ :2018/05/16(水) 08:11:28.72

長野県在住の男性(64)が、人獣感染症「ブルセラ症」に感染し、腎機能不全になる重い症状になっていたことが15日、国立感染症研究所への取材で分かった。
感染研が調べたところ、国内外に存在しない新種の菌であることが判明。家畜によるブルセラ症の菌は海外から持ち込まれるが、男性に渡航歴はなく、感染研などは感染源や経路などを調べている。

感染研などによると、男性はかつてトラック運送業に従事し、現在は無職。自宅は長野県内の山奥にあり、海外へ行ったことはなく、猫や鶏を飼育しているという。
男性は昨年4月上旬ごろ食欲不振に陥り、39度を超える高熱が1週間続いた。2カ月後には腎機能が急速に悪化し、急性腎障害による尿毒症の診断で入院し、血液透析などを行った。治療後も腎機能は回復せず、現在も透析治療を受けているという。

感染研は、病院から男性の検体の送付を受けて診断。これまでに報告されていないブルセラ症の新しい菌種であることが分かった。感染経路を特定するため、男性への聞き取りのほか、自宅周辺の土壌や鶏の排泄物などを採取して調べたが、ブルセラ菌は検出されなかった。
ただ、菌の遺伝子解析で、宿主がネズミなどの齧歯(げっし)目に近いことも判明。感染したネズミなどと男性が接触した可能性もあるという。感染研の担当者は「特異な事例であり、一般の人が心配するような感染例ではない」と説明した。

産経ニュース
2018.5.16 07:29
https://www.sankei.com/life/news/180516/lif1805160008-n1.html





56 名無しさん@1周年 :2018/05/16(水) 08:24:07.69

>>1 

地中海熱でええやろ


92 名無しさん@1周年 :2018/05/16(水) 08:35:16.56

>>1
「もやもや病」と同じくらい、呼ばれたくない


5 名無しさん@1周年 :2018/05/16(水) 08:13:11.57

何がとは言わんから想像したやつは反省しろ


24 名無しさん@1周年 :2018/05/16(水) 08:17:27.29

>>5
南米の楽器か
ごめんなさい


31 名無しさん@1周年 :2018/05/16(水) 08:18:55.31

>>24
南米じゃなくて南アな


57 名無しさん@1周年 :2018/05/16(水) 08:24:21.95

>>31
だから南アメリカでしょ?

…ごめんなさい俺には間違いをごまかして押し切ることはできないや。
政治家とか無理だわ…


51 名無しさん@1周年 :2018/05/16(水) 08:22:30.97

>>5
はい、ごめんなさい


71 名無しさん@1周年 :2018/05/16(水) 08:28:42.02

>>5
反省します


89 名無しさん@1周年 :2018/05/16(水) 08:33:23.85

>>5
だが、想像しないやつは居なかったという


10 名無しさん@1周年 :2018/05/16(水) 08:13:29.59

映画のタイトルみたい
人獣感染ブルセラ症


17 名無しさん@1周年 :2018/05/16(水) 08:15:46.81

>>10
戦隊物のタイトルみたい

人獣感染ブルセラ症 !

OPはじまる


15 名無しさん@1周年 :2018/05/16(水) 08:15:37.53

ネズミが元か。
あいつらいくら病原菌を内包してるんだろうな。


50 名無しさん@1周年 :2018/05/16(水) 08:22:04.80

>>15

コウモリも油断がならん


29 名無しさん@1周年 :2018/05/16(水) 08:18:28.44

お前ら軽々しく言うけどさ
あいつら病気持ちだろ?
そんなとこによくつっこめるな


43 名無しさん@1周年 :2018/05/16(水) 08:21:18.75

>>29
生で突っ込むアホおらんやろ(´・ω・`)


49 名無しさん@1周年 :2018/05/16(水) 08:21:49.86

>>43
生以外かちないやん


39 名無しさん@1周年 :2018/05/16(水) 08:20:24.02

いまだにブルセラ症です


55 名無しさん@1周年 :2018/05/16(水) 08:24:00.02

>>39
もう一つの方ですね。


47 名無しさん@1周年 :2018/05/16(水) 08:21:42.64

中学の途中からハーパンに変わったな


74 名無しさん@1周年 :2018/05/16(水) 08:29:33.11

>>47
*?


53 名無しさん@1周年 :2018/05/16(水) 08:23:41.23

猫じゃねえのか?
あいつら
めちゃくちゃ
汚い生き物だからな
この爺が
どんな生活環境だったかは
容易に想像出来る


90 税金泥棒(石巻復興を騙って23億円ブッコ抜く) :2018/05/16(水) 08:35:00.37

>>53
>猫じゃねえのか?

ネコはない模様。



◆ブルセラ属菌
http://blogs.yahoo.co.jp/haruhiro8181/2198364.html
グラム陰性,偏性好気性グラム陰性で栄養要求が複雑な小桿菌(0.6-1.5μm)である。鞭毛はなく芽胞は形成しない.
60℃,10分,1%石炭酸15分で死滅する.
この菌が妊娠中の家畜に感染すると流産を起しやすくなるが,ヒトにも感染しブルセラ症を起す人獣共通伝染病である.
現在6菌種しれえれている.主なものは以下のものである.
ヤギ流産菌(マルタ熱菌):妊娠したヤギ・ヒツジに流産を起す.
ウシ流産菌(バング菌):妊娠したウシに流産を起し,子宮・乳房より排菌する.
死産流産菌:妊娠の有無にかかわらず,子宮に病変が見られ全身に病巣壊死をつくる.
ミリテンネス(メランシス)菌,ウシ流産菌,死産流産菌はヒトに病原性をもつが,ヤギ流産菌,イヌ流産菌(まれ),樹ネズミ流産菌はヒトに影響与えることはほとんどなく動物のみに病原性をもつ.
ブルセラ菌は動物に感染すると乳腺・子宮で特によく増殖し,妊娠していると,胎盤などの組織に含まれるエリスリトールにより流産を引き起こすが,ヒトの胎盤にはエリスリトールがないために流産は起こらない.
感染した動物の乳房・子宮から菌を排菌する. 
本菌がヒトに感染するのは,感染獣や汚染された排泄物,分泌物の接触により皮膚や粘膜などの小さな傷,結膜などから侵入する.
したがって養豚家や牧畜業者などの畜産業に関わる職業の人,この病原菌をもった動物の生乳を飲んだ人が感染した例が多い.
かつてはミルクによる感染が多かったが,加熱処理により改善されている.またヒトからヒトへの感染は稀である.
ヒトに感染した菌はまず多核白血球内で増殖し,所属リンパ節に運ばれる.
リンパ節の細胞内で増殖し,続いて血行性に全身の臓器に広がる.
潜伏期は長く10-30日といわれる.
不快感,脱力感,筋肉痛,発汗などの前駆症状の後,徐々に菌血症性の高熱を起し神経症状が現れる場合もある.
この発熱は間歇的に繰り返すことから波状熱と呼ばれる.すなわち,有熱状態が2-3週間続いた後に,1-2週間の無熱状態がある.
その後,再び発熱するといったことが続く.病態は慢性的で熱は徐々に消失し,回復するが,免疫原性は強くないので再発することが多い.
このような状態が数ヶ月~1年続くこともある.治療は抗生物質の投与であるが,菌が細胞内に存在するために根絶が容易でないといわれている.
ブルセラ症はその主症状が発熱のみでブルセラ菌固有の症状がないために他の疾患との見極めが難しい.


95 税金泥棒(石巻復興を騙って23億円ブッコ抜く) :2018/05/16(水) 08:36:53.98

>>90
ブルセラ症(brucellosis)とは、ブルセラ(Brucella)属の細菌に感染して起こる人獣共通感染症。
日本においては家畜伝染病予防法に基づく家畜伝染病、感染症法における四類感染症に指定されている。
家畜との接触・汚染乳製品の摂取を通じてヒトに感染する。
1887年、イギリス軍の軍医・デビッド・ブルース(Sir David Bruce)によって病原菌が発見されたため、この名前が付いた。
ヒトに感染すると発熱、発汗、頭痛、背部痛、体力消耗というような症状を起こす。
重症化すれば、脳炎、髄膜炎などの中枢神経の炎症や心内膜炎、骨髄炎を起こすこともある。
牛においてはBrucella abortusの感染が妊娠6~8ヶ月での流産の原因となる。
日本では家畜におけるブルセラ症は1970年代にほぼ撲滅されたが、現在でも犬のBrucella canis感染が見られる。
日本でのヒトでの感染はほとんどが実験室内感染である。
テトラサイクリンやストレプトマイシンなどに感受性を示すが、体内の菌の撲滅は難しい。
なお、家畜においては治療を行わず殺処分する。
現在、家畜のみ、生体輸入については、厳しい検疫制度により、感染家畜を輸入されない様、窓際で、監視され、罹患家畜は殺処分されている。
犬猫ペットについては、充分な検疫はされないので、外観で、感染が判断できないため、感染犬を輸入してしまう場合もある。
主な分布地域
地中海地域、西アジア、アフリカ、ラテンアメリカなど。
主な宿主
Brucella abortus - ウシ (北米ではバイソンとエルクも) - バング熱とも
ウシでは精巣炎、陰嚢の腫大、熱感。
B. suis - - 死産流産菌病とも
死産では慢性炎症に起因する精巣炎。
B. melitensis - ヒツジとヤギ - マルタ熱または地中海熱とも
B. ovis - ヒツジ
B. canis - イヌ
イヌではほとんど症状はみられないが、雌では妊娠45~55日頃に死流産、雄では精巣、精巣上体、前立腺の腫脹を示す。
B. maris - 海洋動物


73 名無しさん@1周年 :2018/05/16(水) 08:28:51.88

>猫や鶏を飼育している

鳩とか近所迷惑すぎる。臭いしフンはひどいし


75 名無しさん@1周年 :2018/05/16(水) 08:29:38.41

>>73
なんで鳩出てきた